産業能率大学「現代のマネジメントと産業研究」登壇


去る2012年5月28日(月)、東京都世田谷区等々力にある産業能率大学の経営学部の授業「現代のマネジメントと産業研究」にて、「スマートフォン時代におけるメディアビジネスの拡張について」というタイトルで弊社代表取締役CEOが特別講師を務めさせて頂きました。

世の中の情報端末の主流がスマートフォン/タブレットになるつれて、情報取得体験の在り方も変わってきました。大きな変化としてはAR(拡張現実)の実施が容易になり、アプリケーションを増えてきました。同時にARのビジネスとしての問題点も顕在化し始め、それがビジネスドライブの鍵になりつつあります。

講演の第1部では、ARの将来性とビジネスドライブの鍵を提示し、それを解決する可能性を持つARサービスを「AR第2フェーズ」と位置づけ、これから弊社パートナーと一緒に取り組んでいる新しいサービスを紹介しました。

第2部では、スマートフォンが実現した新しい放送形態「マルチメディア放送」を取り上げ、そのサービスの成り立ち(歴史)から現在の放送サービス「NOTTV」のサービス内容とそのビジネスの将来性について話をさせて頂きました。

産業能率大学経営学部3年生約150人を相手に話をさせて頂きましたが、やはりスマートフォンという旬なテーマのせいか、非常に興味深く聞いて頂いた印象を受けました。

カテゴリー: リリース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.